・ERRE・PROJECT PARTNERS CO.,LTD

ABOUT

リプロジェクト・パートナーズとは

企業再生コンサルタントとして設立

株式会社リプロジェクト・パートナーズは、サービス産業開発コンサルティングの(株)インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア(代表取締役 水野 誠一)と不動産開発コンサルティングの(株)アート・ボックス(代表取締役 森 肇)が共同で出資して2002年7月に設立した企業再生コンサルティング(ターンアラウンド・コンサルティング)の専門会社です。特に専門とするアジアと日本をつなぐ領域について、ハンズオンでの企業価値の向上を旨とし、トップマネージメントの紹介等、創造現場への直接的関与も行います。

「伝統」的企業と「新技術」の出会いと創出

1990年代からはじまった日本経済のリセッションは、産業の統廃合から始まって、国内のメーカー、サプライヤーの事業を圧迫し、日本の裾野産業に大きなダメージを与えつづけました。アジア事業に精通したリプロジェクト・パートナーズは、これら地方経済を再生するコンサルティングから始まりました。
それは、IT革命時代にあって、既存産業とIT技術を融合させた新しい付加価値の開発に至っています。

2000年代に入って、住まい方やライフスタイルの確立から日本のホテル、住宅などアコモデーション開発にシフトし企業再生を手がけてきました。

そのような中で、京都町家のタイムシェア化、ASEAN資導を入した北海道スキーリゾートの再生、ファイブスターホテルの日本への誘致などを行い、微力ながら日本のアコモデーション産業の多様化にご協力できたかと思っております。

そして現在は日系ライフスタイル開発会社の海外進出などもお手伝いしております。

ReProject Partners Co.,Ltd.

エグゼクティブ・パートナー

水野 誠一(代表取締役会長)

1970年慶応義塾大学経済学部卒業。㈱西武百貨店入社後、渋谷店長時代に企画したWAVE、SEED、LOFTなどの新業態開発は大きな評判を呼んだ。特にLOFTは別会社化され成功業態として高く評価されている。その後、㈱西武百貨店の代表取締役社長、慶応義塾大学総合政策学部特別招聘教授を経て、1995年~2001年7月まで参議院議員を務める。同時に1995年から5年間、ネットスケープ・コミュニケーションズ米国本社のアドバイザーを務め、深く日米のインターネットビジネスの発展に関わる。㈱インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア(IMA)を設立し、代表取締役就任。現在、経営コンサルタントとして、「ザ・ペニンシュラ」をはじめ、ホテルからIT産業までの海外企業の日本導入や、若手起業家の育成・応援指導なども行っている。また、大手企業の社外取締役、顧問を歴任、(株)森ビルでは特別顧問として、六本木ヒルズ開発など大型都市開発プロジェクトのアドバイスを行っていた。2002年に企業再生コンサルタント会社・株式会社リプロジェクト・パートナーズを設立、代表取締役に就任し今日に至る。

森 肇(代表取締役社長)

1978年東京教育大学生物化学工学科(現筑波大学)卒業。西武セゾングループ(西武百貨店)で、文化事業、国際業務部門を担当し、インターコンチネンタルホテルズを傘下に収めていた80年代後半にアジア駐在部長を歴任する。1991年に、建築家 隈研吾氏らとホテル開発コンサルタント会社アート・ボックスを設立し、タイ王国プーケット島で小型超高級ホテルの開発を進める。同時にエイドリアン・ザッカ氏が進めるアマンリゾートの拡大にも協力する。
セゾングループ時代より90年代を通じて、台頭するアセアン諸国の企業オーナー達と親交を深めると共に、バブル崩壊に苦しむ日本の流通・不動産・ホテル業等の生活関連産業を対象とした企業再生コンサルタント会社リプロジェクト・パートナーズを設立し、代表取締役に就任する。2000年代初頭には、流通業再生の切り札として、「ネットスーパー」を開発し、「西友ネットスーパー」などのビジネスモデルを作り出す。
2008年には国土交通省住宅局の委嘱を受け、タイムシェア型住宅供給研究会の委員として、米国において普及が進んでいるバケーションオーナーシップを、日本特に京都の町家の再生等に導入する法整備に尽力する。2012年にタイ資本と共同で三井不動産より北海道『キロロスキーリゾート』を譲り受けた後、2015年シーズンより「シェラトン北海道キロロリゾート」にリブランドし、国際的リゾートとして再生を果たした。
現在年の半分はバンコクに在住。

藤澤 祥子(取締役)

1988年日本女子大学卒業。三菱レイヨン(株)のファッション・マーケティング会社にて、生活者分析とファッション・トレンド分析を専門的に行う。その後もライフスタイルマーケティングアナリシス、コンセプト開発、事業開発等に従事。2002年リプロジェクトパートナーズ設立に参加し、企業再生に伴う組織改革、M&A、企業創設、資本・業務提携に携わる中、コンセプト立案、事業戦略立案、新規事業開発、ハンズオン支援等に従事。国土交通省長期優良住宅等推進環境整備事業では新しい住宅活用と暮らし方を提案するなど、一貫してライフスタイルに関わる事業提案を行う。

今井 亮(監査役)

1959年国学院大学政治経済学部卒。㈱西武百貨店入社後、池袋本店取締役店長及び常務取締役商品本部長等を歴任。㈱忠実屋専務取締役、㈱フォーバル取締役会長、京急百貨店取締役副社長を歴任。現在、㈱オフィス24取締役、㈱エムティーアイ顧問。㈱ウェルファー取締役会長。1995年より㈱インスティテュート・オブ・マーケティング・アーキテクチュア(IMA)取締役。2002年より㈱リプロジェクト・パートナーズ監査役に就任する。

顧問

小泉 正明(公認会計士)

1987年公認会計士二次試験合格後直ちに英和監査法人(現有限責任あずさ監査法人)に入所し、1988年一橋大学商学部卒業。1990年エンタープライズグループ(中堅企業・株式公開グループ)に所属後、中堅企業を対象とした財務諸表監査の他、株式公開支援や買収調査等のコーポレートファイナンス支援業務やシステム構築支援業務、コーポレート・リカバリー(企業再生)支援業務、内部統制構築や不正調査を含むコーポレート・ガバナンス構築支援業務、海外進出支援業務などにかかわる。2002年パートナー昇進の後、2003年より独立して小泉公認会計士事務所を開設し、双葉監査法人の代表社員に就任する。以後、それまでのキャリアを拡大して、総合的なアドバイザリー業務を展開すると共に、公開会社及び未公開会社の社外役員をつとめる。

スティーブン・ワイラー

1985年オレゴン州立大学理学部及び文学部卒業後、青山学院大学経済学部と経営学部に留学。1986年(株)西武百貨店商品部にてインターンを経験後、1987年よりドイツ銀行証券キャピタル・マーケッツ部門にて証券アナリスト、ドイツ銀行投資顧問でポートフォリオ・マネージャーとして日本市場で実績を積む。その後、フィデリティー投資顧問、ジャーデン・フレミング証券にてシニア・アナリストを歴任し、1998年よりファンド運用会社(株)ペンタにてパートナー。2004年10月日本株を対象とした「ファルコン・ジャパン・ファンド」を設立。

今井 修一

1971年富山大学経済学部卒業。日本不動産銀行(現あおぞら銀行)入行後、貸出・資金調達・経理・マーケット・貸出本部企画等幅広い銀行業務を担当する。経理部では銀行の収益管理システムの開発及びPDCAを推進する。1999年に整理回収機構に入社し、当初、第八事業部で債権の管理回収業務を担う。しかし2001年6月より、政府の「骨太方針」によって整理回収機構が企業再生業務に取り組むこととなり、以来一貫して企業再生本部で再生支援業務を推進し、中核的役割を担う。銀行での貸出業務及び会計(経理・管理・税務)の知識や経験をベースに再生支援し、担当した業種は建設業・製造業・運輸業・卸小売業・サービス業など多岐にわたる。特に地方百貨店・ホームセンター・旅館業・地域交通等の再生支援ではその豊富な経験から多くの成功例を持つ。2008年8月より、再生支援のコンサルタント業務を担うため「今井タスオフィス」を設立し代表。2008年10月より株式会社リプロジェクト・パートナーズ特別顧問に就任。

会社概要

名称 株式会社リプロジェクト・パートナーズ
RE・PROJECT PARTNERS CO., LTD
事業案内 バリュークリエイション・コンサルティング
創立 1997年12月
設立 2002年7月 
(株)リプロジェクト・パートナーズ設立
資本金 12,500千円
役員
代表取締役会長 水野 誠一
代表取締役社長 森 肇
取締役 藤澤 祥子
監査役 今井 亮
顧問 公認会計士 小泉 正明
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂2-23-1
アークヒルズフロントタワーRoP1005